新潟医療生協協同組合 木戸病院

令和元年度 木戸病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC別病期分類ならびに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD-10別患者数
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

当院ではDPCデータから全国統一の定義と形式に基づく指標を作成し、数値やデータの特性を把握し解説する事により木戸病院を皆様に理解していただく事を目的として病院指標を公開しております。
公開している病院指標は平成31年4月1日から令和2年3月31日までの期間に当院を退院された患者様を対象に集計しています。

集計対象は医科保険適用の患者様でDPC対象外の患者様は除いています。
集計の結果、患者数が10に満たなかった場合には「-」で表示しています。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢は入院時の満年齢として計算しています。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 295 43 99 124 180 258 531 1080 1155 501
【特性】
当院は東新潟地域の中核病院として、質の高い医療を患者様に提供しています。少子高齢化に伴い、新潟市東区も高齢者の人口が多く、入院患者様も超高齢者が徐々に増加しています。産婦人科・小児科も標榜しており、新生児から高齢者まで幅広い年齢の患者様を受け入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

診断群分類をもとにして診療科毎に症例数上位5つの診断群分類について集計しています。当院は平成28年度よりDPC対象病院となりました。本項目ではDPC請求を行った患者様を対象に集計していますので、出来高算定を行っている場合には集計の対象外となっています。

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 117 2.48 2.63 0.00 63.86
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 104 36.59 20.84 15.38 86.94
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 102 26.01 12.58 3.92 78.87
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 89 33.55 17.71 1.12 85.94
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 74 8.55 8.27 0.00 75.18
【特性】
※内科には循環器内科・呼吸器内科・糖尿病内科・内分泌内科・腎臓内科・消化器内科が含まれます。
患者の年齢層も高齢者が多く、DPC病棟で急性期治療終了後、回復期におけるリハビリテーションや退院調整を地域包括ケア病棟等で行っています。そのため当院の平均在院日数は全国平均よりも長いことが特徴です。
また、大腸の腫瘍に対する内視鏡切除術117件や胃の腫瘍に対する内視鏡手術74件等、内視鏡での治療が多いことも特徴の1つです。また、平成28年度よりDPCが細分化されたため件数にはあがっていませんが、肺炎は全体で185件となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 73 4.66 4.85 0.00 69.08
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 43 4.14 4.40 0.00 72.95
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 21 3.81 4.36 0.00 69.67
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 12.20 7.13 0.00 57.00
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 19 3.21 4.26 0.00 68.53
【特性】
外科では鼡径ヘルニアの入院が最も多く、次いで大腸の悪性腫瘍での入院が多くなっております。手術後は必要に応じて化学療法を行っており、件数が多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 66 38.59 19.40 3.03 82.32
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 60 51.13 25.94 6.67 84.43
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 28 25.96 20.74 3.57 82.29
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 25 38.20 23.56 0.00 76.12
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)関節滑膜切除術等 17 3.88 7.12 0.00 63.53
【特性】
整形外科では胸椎、腰椎の圧迫骨折が最も多く、次いで大腿骨頚部骨折が多くなっています。平均年齢が80歳以上と高齢者が多く、急性期治療を終えた後は回復期リハビリテーション病棟にてリハビリを行い、入院前の日常生活に復帰できるよう支援しています。そのため在院日数が長期化の傾向にあります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 3.18 6.17 0.00 0.00
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 18 16.39 19.06 0.00 29.61
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし - - 3.13 - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 11.79 - -
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。)腹腔鏡によるもの等 - - 6.21 - -
【特性】
産婦人科は高ビリルビン血症での出生児の入院が最も多く、次いで切迫早産での入院が多くなっています。分娩に関しては保険診療と保険外診療の組み合わせが多く、保険診療のみの入院として集計した本指標には件数として集計されていません。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 272 2.73 2.78 0.00 75.66
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 - - 7.29 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.66 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 6.71 - -
【特性】
眼科では白内障疾患での手術目的の入院が最も多くなっています。
耳鼻科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 147 2.00 2.03 0.00 36.37
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 36 5.53 5.45 0.00 33.17
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 16 4.06 5.01 0.00 64.06
030270xxxxxxxx 上気道炎 15 6.07 4.94 0.00 50.33
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 10 8.00 6.80 0.00 51.60
【特性】
耳鼻科では睡眠時無呼吸症候群に対する検査入院が最も多く、次いで扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎が多くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 56.73 20.84 26.67 73.73
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 44.00 16.16 0.00 74.90
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 17.72 - -
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし - - 15.90 - -
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.10 - -
【特性】
神経内科では脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症の患者を主に入院治療しています。他院からの脳梗塞や脳出血後のリハビリ転院の患者も受け入れています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.55 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.01 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - 28.56 - -
【特性】
皮膚科では主に日帰り手術を行っているため、ほとんどの手術患者は本指標には含まれていません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 31 2.00 2.49 0.00 72.48
110320xx97xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) その他の手術あり - - 12.77 - -
【特性】
泌尿器科の入院症例は、前立腺癌疑いに対する前立生検だけで、局所麻酔で検査を行い1泊2日の検査体制となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし 54 5.56 6.19 1.85 0.91
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 5.50 6.64 0.00 2.13
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 23 5.17 5.39 0.00 3.87
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 14 7.36 12.58 0.00 1.14
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 10 3.90 5.73 20.00 2.60
【特性】
小児科では急性気管支炎や喘息での入院が多くなっています。重症児は大学病院、市民病院等と連携を図っています。
初発の5大癌のUICC別病期分類ならびに再発患者数ファイルをダウンロード

5大癌の患者様の人数を初発のUICC病期分類別および再発に分けて集計しています。令和元年度に退院した延患者数となっているため、集計対象期間中に複数回入院された患者様はそれぞれ1例とカウントしています。 延患者集計となっていますので、当院が提出している全国がん登録の件数とは異なります。

初発 再発 病期分類
基準
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 85 - - 15 - 13 1 8
大腸癌 16 33 62 64 19 54 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - 10 - 13 1 8
肝癌 - 10 - - - 21 1 8
【特性】
当院は消化器内科・外科では胃癌・大腸癌・肝癌の患者様を、呼吸器内科では肺癌の患者様を多く診療しています。胃癌はstageⅠ期の患者様の割合が多くなっており、内視鏡検査やがん検診により早期に癌を発見し治療を行っている事が特徴となっています。
大腸癌ではStageⅣが多くなっていますが、一連の治療として手術後に化学療法を行っている場合が多く、延患者数で集計されている為、件数が多くなっています。再発患者が全体的に多い事も同様で、初回治療終了後の化学療法や他院より紹介され入院している患者様が多い為、件数が多くなっています。
UICC病期分類基準が不明になっている症例については治療前の検査入院や他院への紹介により、当該入院中の情報だけでは分類が出来ていない事等が理由としてあげられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

成人市中肺炎の患者様の人数を成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類別(A-DROPシステム※1)に分けて集計しています。成人の肺炎の指標となる為、小児肺炎は対象外となります。

重要度 患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 135 25.64 80.73
重症 34 24.71 85.21
超重症 - - -
不明 - - -
※1 A-DROPシステム
①男性≧70歳 女性≧75歳
②BUN≧21mg/dl または脱水(+)
③酸素飽和度≦90%
④意識障害(肺炎に由来する)
⑤血圧(収縮期)≦90mmHG
重症度0 上記5つの項目がいずれも満たさない 軽症
重症度1 上記5つの項目で1つを有する 中等症
重症度2 上記5つの項目で2つを有する 中等症
重症度3 上記5つの項目で3つを有する 重症
重症度4 上記5つの項目で4つを有する 超重症
重症度5 上記5つの項目で5つを有する 超重症


【特性】
当院の肺炎治療の特徴は、後期高齢者肺炎を積極的に受け入れている点です。そのため中等症以上が大多数を占めています。
重症度は年齢とともに上昇傾向にあります。平均在院日数も長期化傾向にあり、一因として肺炎軽快後のリハビリや摂食訓練、退院調整に時間を要する事が挙げられます。中等症に比べ重症が少ない理由は、意識障害の評価基準を厳しくしていることが考えられます。当院では、仮に意識障害が疑われても背景に認知症がある場合は判断が難しいため、「肺炎由来の意識障害」とは評価しないことにしております。超重症の症例が少ないのは、意識障害の項目をとっていないことと、当院にはICUがなく、ショックや呼吸管理を必要とする超重症患者の受け入れが難しいことが理由として考えられます。
後期高齢者肺炎については中等症から重症まで幅広く対応しています。
脳梗塞のICD-10別患者数ファイルをダウンロード

ICD-10で脳梗塞等の分類にあたる患者様をICD-10コードの上3桁で集計しています。

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 28 47.07 79.82 2.50
その他 12 50.33 80.83 2.50
【特性】
当院ではI63$(脳梗塞)の発症3日以内の早期発症患者がほとんどを占めており、平均年齢が79.82歳と高齢なことが特徴となっています。転院患者数(転院率)は1件(2.5%)と回復期リハビリテーション等を活用し、ほぼ全ての患者様を転院せずに入院から退院まで診療を行っています。
発症3日以降に関しては、他院での急性期治療終了後にリハビリ目的で入院している患者様が多くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)ファイルをダウンロード

診療科毎に手術症例の多い順に上位5位まで集計しています。

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 109 0.42 1.24 0.00 65.03
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 70 1.47 5.51 0.00 75.24
K654 内視鏡的消化管止血術 43 2.58 18.84 2.33 74.81
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 31 3.77 27.00 3.23 80.03
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 23 0.13 1.09 0.00 63.78
【特性】
内科では消化器内科の入院が最も多く、胃や大腸の腫瘍に対する内視鏡的治療が多く行われています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 73 0.38 3.27 0.00 69.08
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 29 7.48 22.52 0.00 72.79
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 10.44 6.88 0.00 60.68
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 11 4.00 17.55 0.00 69.91
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.80 4.80 0.00 47.30
【特性】
外科では鼡径ヘルニアに対するヘルニア手術が最も多くなっています。次いで大腸癌に対する結腸切除術が多く行われています。大腸悪性腫瘍に対する形式で類似したものを併せると60件、胃悪性腫瘍に対する手術で形式が類似したものを併せると19件となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 65 2.40 49.71 4.62 84.55
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 31 3.26 34.87 0.00 76.03
K068-2 関節鏡下半月板切除術 16 0.31 2.56 0.00 63.75
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 16 3.94 50.69 6.25 81.31
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 14 2.14 22.93 0.00 58.93
【特性】
整形外科では関節外科手術が最も多くなっています。大腿骨頚部骨折等に対する観血的手術が多い事が特徴となっています。手術は観血的手術・人工骨頭挿入術が行われている他、人工関節置換術(膝)等も行われています。手術後、当院の回復期リハビリテーション病棟を利用し、入院から退院まで十分な機能回復を得られる診療を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 10 0.00 0.00 0.00 31.30
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
K9121 異所性妊娠手術(開腹によるもの) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
【特性】
産婦人科では流産手術が最も多くなっています。帝王切開も21件実施していますが分娩に関しては保険診療と保険外診療の組み合わせが多く、保険診療のみの入院を対象として集計した本項目には件数としてカウントされません。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 271 0.58 1.16 0.00 75.72
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
【特性】
眼科は白内障に対する水晶体再建術がほとんどを占めています。
耳鼻科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
【特性】
耳鼻科では扁桃周囲膿瘍に対する扁桃周囲膿瘍切開術が最も多く、次いで慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下副鼻腔手術が多くなっています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - - -
K797 膀胱内凝血除去術 - - - - -
【特性】
神経内科の治療で行われる手術はほとんどありませんが、入院中に発症する疾患に対して他科で治療を行うことがあります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0053 皮膚、皮下腫瘍嫡出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
【特性】
皮膚科では日帰り手術が主であり、入院手術はほとんど行っておりません。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K797 膀胱内凝血除去術 - - - - -
【特性】
泌尿器科の入院症例緊急手術としては、膀胱内血腫除去術、経皮的腎瘻造設術、経尿道的尿管ステント留置術が行われました。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集計しています。

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.33
異なる 25 0.59
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
【特性】
当院の敗血症の発症率は入院契機と同一のものが14件(0.33%)、様々な要因により入院後発症したものが25件(0.59%)となっています。
播種性血管内凝固、真菌症については症例数が少なく表示されていません。手術処置の合併症の内訳は、処置に対する炎症反応や適正に投与された薬剤に対しての有害作用が主なものとなっています。合併症はどうしても一定の確率で起こり得ますので手術ミスとは異なりますが、出来る限り発生しないように診療に努めています。
更新履歴
2020年9月30日
木戸病院 令和元年度病院指標を公開しました