睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは、夜眠っている間に一時的に呼吸が止まってしまう無呼吸が繰り返される病気です。
主に、いびきや昼間のひどい眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。呼吸が止まる事で睡眠が浅くなり、昼間眠くなって集中力がなくるため、交通事故などの危険性が高まります。
また、患者さんの多くは高血圧、心臓病、糖尿病などの生活習慣病を合併しており、放置すると大変危険です。適切な検査を行い、ご本人にあった治療を行うことが大切です。

検査について

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、まず耳鼻咽喉科または呼吸器内科を受診ください。症状をお伺いした後、検査になります。

当院では、「終夜睡眠ポリグラフィ」という検査を行っております。
頭や体に電極を付けて、睡眠状態や呼吸状態を調べます。
一晩眠っていただくため、一泊の入院になります。

治療について

検査の結果、治療が必要と診断された場合、症状や原因によって治療方法が変わります。

治療法には、ネーザルCPAP・手術・マウスピースなどがあります。当院では呼吸器内科・耳鼻咽喉科・歯科が連携して治療にあたります。患者様に合った治療方法を患者様と相談しながら決定します。

ネーザルCPAP(シーパップ)

  • 専用の機械を使用して、鼻から専用のマスクを介して空気を送り気道を広げる療法です。
  • 睡眠中に鼻マスクを装着し、鼻マスクから空気が一定圧で送り込まれ、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって喉が塞がってしまうのを防ぎます。

手術

  • 無呼吸の原因部位が明確な場合に適応されます。

マウスピース

  • 歯科で個人の歯形に合わせて製作します。副作用として顎の痛みや違和感がありますが、数ヶ月の使用で徐々に慣れていくケースが大半です。

各種ご案内

木戸病院の病院指標

木戸病院の臨床指標

初めて受診される方は、事前に予約をお取りください。

予約センター

ご家庭などの固定電話からは

0120-432-472

携帯電話・公衆電話からは

025-273-2175

予約センター受付時間

午前8:00〜11:30(平日、第2・4土曜日)

休診日

日・祝祭日、第1・3・5土曜日

面会時間

全日(一般)
午前11:00〜午後8:00
全日(産婦人科)
午前11:00〜午後1:00/午後4:00〜午後8:00

予約以外のお問い合わせ

025-273-2151(代)

メールでのお問い合わせ

病気に関するご相談につきましては、電話・メールでは、症状を正しく把握することができず適切な回答ができませんので、申し訳ございませんが、ご遠慮ください。

健診センター

025-270-1831

電話受付時間

午前11:00〜16:30

休診日

日・祝祭日、第1・3・5土曜日

  • 医療のお話
  • 初期臨床研修医募集
  • 木戸病院 看護部
  • 採用情報
  • COOP健康づくりクラブWith
  • 健診・人間ドック
  • 奨学金制度のご案内
  • 木戸病院医誌
  • 事業報告
  • 木戸病院公式Facebookページ
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 関節が痛い.com
  • 新潟医療生活協同組合
  • 日本医療福祉生活協同組合連合会
  • 退院支援研究会